【足の裏痛み.com】〜痛風〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asinouraitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは足の裏の痛みの原因となる病気、痛風について詳しく説明しています。

痛風とは血液中の尿酸値が高い状態で、高尿酸血症が原因で関節炎を引き起こす病気です。痛みの症状が風のように強まったり弱まったりを繰り返す様、風を受けただけで痛みが走る、といったことから名付けられたようです。

高尿酸血症が続くと、尿酸の結晶が出来てしまい関節内に付着して炎症を起こしてしまいます。尿酸の結晶は比重が高く重力に引かれて足部に沈着しやすい為、足の指や足首、膝などに症状が現れやすいのが特徴です。

痛風の症状は痛風発作と呼ばれる、発作的に起こる痛みです。発作前の軽い痛みや痺れ、熱感などの前兆を半日ほどの期間を経て、発作が始まります。発作時は激烈な痛みで、腫れや発赤、強い熱感を伴います。その後一日ほどのピークを経た後は、3〜4日後には徐々に改善し、7〜10日程度で自然に治まります。また発作を繰り返すごとに症状が悪化していきます。

治療は非ステロイド系鎮痛消炎薬などを服用し、痛みと炎症を抑えます。前兆時にはコルヒチンが適用されます。また、高尿酸血症を緩和させる為に、尿酸産生阻害薬(アロプリノール)または尿酸排泄促進薬(プロベネシド、ベンズブロマロン)を服用します。
こうした薬物治療と共に、生活習慣の改善も必要です。肥満の解消、アルコール飲料の制限、プリン体の摂取制限、十分な水分の摂取、運動、ストレスの解消などが求められます。


sponsored link



【足の裏痛み.com】TOP

copyright©2014  【足の裏痛み.com】〜足の裏が痛い原因と病気〜  All Rights Reserved