【足の裏痛み.com】〜足底筋膜炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asinouraitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは足の裏の痛みの原因となる病気、足底筋膜炎について詳しく説明しています。

足底筋膜炎とは足の裏にある足底筋膜に炎症が起きている状態の事を言います。この足底筋膜とは足の裏に張っている膜のように薄く幅広い腱の事で、かかとの骨から足指の付け根まで張っています。足底腱膜炎とも呼ばれています。
足底筋膜に炎症が起こる、さらには小さな断裂を起こすことで、顕著な痛みが発生し足の裏が痛いと感じるものです。
痛みが発生する場所はほぼ決まっていて、かかとの骨の前方付近で痛みが生じます。
特に朝起きて立ち上がると痛みが強くなる、体重をかけて運動すると再び痛みが強くなる、かかとの骨の前方内側を押すと激しく痛む、などの特徴的な症状が見られます。

ランニングやジャンプ、急激なストップダッシュの繰り返しなどが主な原因となります。また、履いている靴底がすり減っている、アーチサポートがあっていない、底が硬い靴などを使用すると、足底筋膜が引っ張られて炎症を起こしやすくなります。
長距離マラソンの選手や長時間の立ち仕事をされている方に発症例が多いです。

治療は基本的には自然治癒となります。痛みがあるうちは出来るだけ安静にし、運動を控えます。痛みや炎症に対しては、患部に非ステロイド系抗炎症剤の湿布や塗り薬を付け、外出の際はかかとをサポートするクッションやインソールを靴に施して、足の裏にかかる負担を減らすようにしましょう。


sponsored link



【足の裏痛み.com】TOP

copyright©2014  【足の裏痛み.com】〜足の裏が痛い原因と病気〜  All Rights Reserved