【足の裏痛み.com】〜こむら返り〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
asinouraitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは足の裏の痛みの原因となる、こむら返りについて詳しく説明しています。

こむら返りとはふくらはぎに起こる筋肉の痙攣のことを総じて言います。特に腓腹筋という筋肉に多く現れ、筋肉が緊張して硬直した状態が続き強い痛みを感じ、治るまではその足で立てないほどです。
こむら返りは正式には腓返りという漢字で表記され、「腓」というのはふくらはぎの部分を意味します。腓腹筋はふくらはぎの大部分を占める筋肉のことで、ヒラメ筋と合流して下腿三頭筋を形成しています。

従ってこむら返りは、本来の意味としてはふくらはぎについての言葉であって、足の裏の場合は本当は「足が攣る」という表現の方が正しいと言えるでしょう。
ただし、こむら返りを起こしている多くの場合では、ふくらはぎと共に足の裏にも痛みが発生しているのも特徴です。

こむら返りを起こす原因は色々とあります。
血行不良
長時間立ちっ放しの状態が続いたり、冷たい水の中に入ったときなどは血行が悪くなり、筋肉の弛緩調節が鈍くなることが原因となります。
電解質バランス
激しい運動後などで大量に汗を掻くと、ナトリウムやカルシウムといった電解質のバランスが崩れてしまい、筋肉の調節がおかしくなってしまうことが原因となります。


sponsored link



【足の裏痛み.com】TOP

copyright©2014  【足の裏痛み.com】〜足の裏が痛い原因と病気〜  All Rights Reserved